大阪で産婦人科を探す時にはどんな出産を望むかが重要

診断

カルシウムの役割

妊婦さん

妊婦さんは赤ちゃんを作る為カルシウムが不足してしまいます

妊婦さんはカルシウムが不足しやすくなってしまいます。カルシウムは赤ちゃんを作っていく過程で多く必要となるので、妊娠中にカルシウムの不足が起きてしまいます。カルシウムは、妊娠すると吸収率が変わります。妊娠後には普通と比較して2倍になります。妊娠中には、カルシウムの吸収率は上昇がしないためにカルシウムの補給が妊娠中には非常に大切になるのです。胎盤の機能が低下している場合には、放置していては危険です。妊娠中にはカルシウムが不足しがちなので、カルシウムの補給が大切だということを知っておきましょう。

カルシウムを十分に摂り吸収率をあげることに気を配りましょう

カルシウムは妊娠中だけではなく、陣痛でも必要になります。陣痛の際には、赤ちゃんを外に出そうとするために子宮を収縮させます。その時に収縮させる動きはカルシウムが役立っているのです。また出血を抑えるという働きもしてくれます。ですから、妊娠中も出産時にもカルシウムは重要な栄養素になるのです。カルシウムは、摂取するだけでは意味がありません。吸収しやすいものを一緒に摂ることでより良く体内にカルシウムが吸収されるでしょう。また、ビタミンDを摂ることも吸収率が上がり、日光に当っても増やすことが出来ます。吸収率を上げることができれば、カルシウム不足による高血圧や動脈硬化を避けることが出来ます。妊娠中のカルシウム不足で血液の流れが悪くなってしまい、血圧が上昇し血管に悪影響を与えてしまいます。ですから、カルシウムの摂取・吸収率上げ方が妊娠の期間には気をつけましょう。